筋萎縮性側索硬化症(ALS)(臨床報告)--蓬松鍼灸情報館

トップページ | 治療はこちら……蓬松鍼灸治療院
病気や症状を鍼灸ではどのように考え、治療しようとしているのか。
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 筋萎縮性側索硬化症(臨床報告)

脳神経疾患の臨床と研究


筋萎縮性側索硬化症(ALS)(臨床報告)

病例

全10例。男7例、女3例。年齢は最年少者20歳、最年長者49歳、平均36.8歳。病気の過程は最短で6ヶ月、最長で18ヶ月、大部分は1年以上。

1.本群病例の診断基準は、①上肢の筋肉に萎縮性麻痺が見られる、②萎縮した筋肉の初期には筋線維束攣縮が見られ、腱反射が強い、或いは亢進している、③下肢は痙攣性麻痺が見られる、④感覚障害は見られない、⑤徐々に延髄麻痺が発生する。

2.本病の治療に対して、既存の多くは“特殊な治療は無い”と認識しており、診断されると“予後不良”とされてきた。中医理論から考えると、本病は“痿証”に属し、陽明湿熱内蘊、肺受爍熱、気液槁枯に至ります。経験的に針灸治療後、比較的良い効果を収めています。

ページの先頭へ

治療方法

1.取穴:大椎・肩グウ・曲池・手三里・合谷・魚際・太淵・足三里・伏兎・風市・環跳・陽陵泉・絶骨。

2.操作:省略

3.補助治療:ビタミンB1・ニコチン酸を内服してもよく、萎縮筋肉の回復を促します。患者自身の精神素因や機能訓練は共に重要ですので、治療中は患者の主観的能動性を充分に調節する必要があります。

ページの先頭へ

治療効果

10例中、本法治療後、2例の治療中断を除いた8例の患者では、5例は臨床的治癒、2例は改善(本文中には「進歩」とあり改善か悪化か判断できない)、1例は変化なしであった。

原文
天津市精神病防治院 魏炯明
《天津医薬》,1975,5:259

ページの先頭へ

 30年ほど前の臨床報告集に出てくる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の臨床治療報告です。

 この報告だけでは、ALSに対して鍼灸治療が有効であると言う裏付けにはなりません。しかし、多くの中医針灸臨床家が実感としても、ALSを代表とする運動ニューロン疾患に対して、一定の治療効果や病気の進行を抑制する効果があると実感していると言う報告にはなるでしょう。私自身も、臨床を通して同じように、一定の治療効果があると感じています。

 今後もこのような報告があれば折を見て紹介してゆきたいと思います。

ページの先頭へ

よくある質問

鍼灸治療を受けたい

治療院は東京都豊島区池袋にあります。詳細は治療院ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら

治療院を紹介してほしい

お住まいの近くに知っている鍼灸師がいればご紹介いたします。蓬松鍼灸治療院の問い合わせよりメールにてご相談ください。ただし、脳神経領域に詳しい鍼灸師は多くはありませんので、その点はご理解ください。

詳しくはこちら

病院への出張治療

入院中に治療をするには担当医師の了解が必ず必要になります。いろいろな事情により難しい場合もありますし、可能な場合もあります。

治療院の選び方が分からない

鍼灸院と接骨院には国家資格保有者(鍼灸師もしくは柔道整復師)が必ずいます。そして医療施設のため保健所などの指導を受けます。大雑把に言うと、接骨院は急性の整形外科疾患に、鍼灸は慢性疾患の場合に優先順にが高くなります。他の整体やリフレクソロジーは治療目的で通う施設ではありません。

詳しくはこちら

ページの先頭へ

リンク