月経不順(生理不順)--蓬松鍼灸情報館

女性特有疾患


月経不順(生理不順)

月経不順(生理不順)の概要

正常な月経は、女性の青春期以後にある子宮の周期性出血で、神経・体液系統によって調節が行なわれています。性腺は視床下部-下垂体の支配と相互制約を受けています。故にいかなる素因も性腺内分泌器官-子宮内膜に影響を与え一系統の機能異常を引き起こし月経失調に到ります。

 月経失調は婦人科の常見病で、月経周期・月経期間・経血量・経血質の改変を含んでいます。本病は現代医学の排卵型機能性子宮出血の範疇に含まれます。神経内分泌系統機能障害によって、異常な子宮出血が発生することを、機能性子宮出血と呼びます。排卵型機能性子宮出血の大多数は出産可能年齢のもので、恐らくはLHの相対的分泌不足或いは持久的分泌によるものによって、黄体の発育不全或いは萎縮不全が引き起こされたものです。それ以外に、現代医学で多くのその他の素因及び全身性疾病例えば血液系統疾病(血小板減少性紫斑・再生障害性貧血・白血病など)、肝硬変、慢性腎炎、糖尿病および部分的膠原性疾病によって月経失調が発生している可能性に注目しています。

 中医歴代の婦人科医籍では本病に対して十分に重視しており、月経失調を調節する事は多くの婦人科疾病の最も根本的な方法の一つであると認識しています。宋代陳素庵は“婦人諸病多由経水不調。調経、然後可以孕子、然後可以却疾、故以調経為首……既名月経、自応三旬一下、多則病、少則亦病、先期則病、後期則病、淋漓不止則病、オ滞不通則病。故治療婦人之病、総以調経為第一。”と言っています。

ページの先頭へ

治療方針

補脾益腎・養血調経(脾を補い腎を助ける、血を養い月経を整える)
補気養血・調補衝任(気を補い血を養う、衝任脈を補いながら整える)
散寒暖宮・温通経脈(寒邪を散らし子宮を温める、経脈を温めて通じさせる)
清熱養陰・涼血調経(熱を冷まして陰を養う、血を冷まし月経を整える)
疏肝解鬱・理気調経(肝を緩め鬱を解く、気を整え月経を調節する)
利湿化濁・去痰通経(湿を排泄し濁気を変化させる、痰を取り除き月経を通じさせる)

治療過程:毎日針刺を1回、30回を一療程とします。連続3~5療程観察します。

 中学では月経失調を上記のようにいくつかに分類し治療にあたります。鍼灸治療ではこの治療方針にのっとり治療を進めてゆくのと同時に、子宮や卵巣等の局所付近に施術する事で更に治療効果をあげています。

ページの先頭へ

よくある質問

鍼灸治療を受けたい

治療院は東京都豊島区池袋にあります。詳細は治療院ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら

治療院を紹介してほしい

お住まいの近くに知っている鍼灸師がいればご紹介いたします。蓬松鍼灸治療院の問い合わせよりメールにてご相談ください。ただし、脳神経領域に詳しい鍼灸師は多くはありませんので、その点はご理解ください。

詳しくはこちら

病院への出張治療

入院中に治療をするには担当医師の了解が必ず必要になります。いろいろな事情により難しい場合もありますし、可能な場合もあります。

治療院の選び方が分からない

鍼灸院と接骨院には国家資格保有者(鍼灸師もしくは柔道整復師)が必ずいます。そして医療施設のため保健所などの指導を受けます。大雑把に言うと、接骨院は急性の整形外科疾患に、鍼灸は慢性疾患の場合に優先順にが高くなります。他の整体やリフレクソロジーは治療目的で通う施設ではありません。

詳しくはこちら

ページの先頭へ

リンク