月経痛(生理痛)--蓬松鍼灸情報館

女性特有疾患


月経痛(生理痛)

月経痛(生理痛)の概要

 月経中か月経期の前後に発生する下腹部の疼痛の全てで、正常な生活や仕事に影響が出るものを中医学では痛経と言います。一般的には生理痛、もしくは月経痛と呼ばれます。

 痛経は、中医婦人科では経行腹痛とも呼ばれ、常見される疾病の一つで、青年女性に最も多く見られます。本証は、早くは東漢の張機が著した≪金匱要略・婦人雑病脈証并治≫の中に既に記述が見られます。歴代の医家は本病の病機に対して既に十分な理解を持っていました。多くは労傷気血、体質虚弱、気滞血オ、或いは風寒の気の外襲、傷及衝任などにより発病に到ると認識しています。明代の張介賓が著した≪景岳全集・婦人規≫の中には、“凡婦人経行作痛、夾虚者多、全実者少、即如以可按拒按及経前経後辨虚実、固其大法也、然有気血本虚而血未得行者亦毎拒按、故于経前亦常有此証、此以気虚血滞無以流通而然。”とあり、痛経病の虚実弁証に対して認識をより深めています。現在に到るまで臨床に対してこれらの考え方に指導的意義があることは変わりがありません。針灸弁証論治は本病に対して比較的良好な治療効果があります。

ページの先頭へ

治療方針

理気化オ、活血止痛(気を整え鬱血を無くす、血行を良くし痛みを止める)
温経散寒、除湿止痛(経絡を温め冷えを除く、水分代謝を改善し止痛する)
益気補血、滋養胞脈(気を増し血を補う、胞脈を滋養する)。

治療期間:毎日針刺1回、15回を一療程とします。

 鍼灸治療に用いる経穴には、いろいろな作用があります。ある経穴は、下焦気分を調整し、衝任の気を調暢させ、気を巡らせ血を巡らせることで、経血が自ずから順調に流れる事になります。中医学では、痛みは『不通則痛』といって通っていない、つまり気や血などが正常な流れで無いと痛みが出ると考えますが、順調に流れる事で痛みを解消します。またある経穴は、子宮収縮を促進させ、化オ通経の作用が分かっている経験配穴です。全身状態が虚弱の場合には、全身の強壮作用がある経穴を使用します。これらは治療を続けるか、自宅施灸を続ける事で、先天後天を共に補い、気を足し血を充たし、自ずから月経痛の心配は無くなります。

ページの先頭へ

よくある質問

鍼灸治療を受けたい

治療院は東京都豊島区池袋にあります。詳細は治療院ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら

治療院を紹介してほしい

お住まいの近くに知っている鍼灸師がいればご紹介いたします。蓬松鍼灸治療院の問い合わせよりメールにてご相談ください。ただし、脳神経領域に詳しい鍼灸師は多くはありませんので、その点はご理解ください。

詳しくはこちら

病院への出張治療

入院中に治療をするには担当医師の了解が必ず必要になります。いろいろな事情により難しい場合もありますし、可能な場合もあります。

治療院の選び方が分からない

鍼灸院と接骨院には国家資格保有者(鍼灸師もしくは柔道整復師)が必ずいます。そして医療施設のため保健所などの指導を受けます。大雑把に言うと、接骨院は急性の整形外科疾患に、鍼灸は慢性疾患の場合に優先順にが高くなります。他の整体やリフレクソロジーは治療目的で通う施設ではありません。

詳しくはこちら

ページの先頭へ

リンク