蕁麻疹--蓬松鍼灸情報館

消化器・呼吸器・皮膚疾患


蕁麻疹

蕁麻疹の概要

蕁麻疹は常見される皮膚病の一種です。各種原因によって皮膚粘膜の血管拡張及び浸透性増加が引き起こされ、一過性局部水腫性の損傷が発生します。皮膚上に鮮紅色あるいは蒼白色の水ぶくれが出現し、消えたり現れたりし、非常に痒みがあります。また、消失後は痕跡が残らないという特徴があります。

本病の発病素因は比較的複雑です。例えば薬物ではペニシリン類やスルファミン類など、食物では主に動物性蛋白の食物、魚・えび・かに或いは食物添加剤など、慢性感染症では例えば咽頭炎・中耳炎・腸炎なども発病の原因に成り得ます。精神緊張・内分泌の変化も蕁麻疹を発生させます。

この発病のメカニズムは変態反応と非変態反応の二種類があります。主要な症状は真皮水腫で皮膚毛細血管の血管拡張と充血です。中医学では“(やまいだれに音)(やまいだれに雷)”などと呼ばれます。本病の発生の全てに稟賦不足(生まれつき身体が弱い)が見られ、虚弱体質や衛外不固となり、外邪に侵襲されて発病に至ります。或いは食物や薬物、感情の変化、病原体に感染することなどから営衛失和となり、内に流れず、外は泄する事ができず、皮毛ソウ理が鬱滞することで発病に至ります。

針灸治療は清熱疏風・衛外固表により自己免疫力を高めます。これが本病の治療に対する良い方法の一つで、慢性・頑固性蕁麻疹に対する治療効果は顕著です。

ページの先頭へ

鍼灸治療

疏風固表、調和営衛、清営止痒
(風をちらし表を固める、営衛を調和させる、営血を冷し痒みを止める)

治療過程:
毎日一回、十回を一療程とする。
一療程後に一週間治療を停止し、次の一療程を行なう。

 蕁麻疹は臨床で常見される皮膚病の一つです。これは一過性水腫の皮膚血管反応の一種で、臨床では皮疹様の損傷を呈します。急性者は突然発症し、時に隠れ時に現れ、痒みに際限がなく、急速に消失したりします。慢性者は繰り返して発病し、数日或いは数ヶ月に至ります。

 中医学ではこの病に対する論述は比較的多く、医学古典には、本病の稟賦不耐(先天的に弱く抵抗力がない)が根本的な原因であることを説明しています。加えてソウ理不密(皮膚に緻密さがなくなる)により衛外不固(皮膚防御能力の低下)となり風邪外襲するもの、或いは寒、或いは熱、或いは湿を兼ね皮膚に鬱滞して発症します。諸穴を併せて治療に使用する事で疏風固表・調和営衛の効果があり、ソウ理が密になり、営衛を和すことで風消痒止することになり、治療することができます。

ページの先頭へ

よくある質問

鍼灸治療を受けたい

治療院は東京都豊島区池袋にあります。詳細は治療院ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら

治療院を紹介してほしい

お住まいの近くに知っている鍼灸師がいればご紹介いたします。蓬松鍼灸治療院の問い合わせよりメールにてご相談ください。ただし、脳神経領域に詳しい鍼灸師は多くはありませんので、その点はご理解ください。

詳しくはこちら

病院への出張治療

入院中に治療をするには担当医師の了解が必ず必要になります。いろいろな事情により難しい場合もありますし、可能な場合もあります。

治療院の選び方が分からない

鍼灸院と接骨院には国家資格保有者(鍼灸師もしくは柔道整復師)が必ずいます。そして医療施設のため保健所などの指導を受けます。大雑把に言うと、接骨院は急性の整形外科疾患に、鍼灸は慢性疾患の場合に優先順にが高くなります。他の整体やリフレクソロジーは治療目的で通う施設ではありません。

詳しくはこちら

ページの先頭へ

リンク