湿疹--蓬松鍼灸情報館

消化器・呼吸器・皮膚疾患


湿疹

湿疹の概要

湿疹は多種損傷を持つ皮膚病の一つです。急性期では紅斑・丘疹・水疱・びらんなど炎症反応が出現します。慢性或いは静止期では患部の皮膚は乾燥・鱗屑・粗そう(きめが粗くざらざらしていること)及び苔癬(小さな丘疹が多発)様の変化をします。対称性・再発性であり、慢性的な経過を取る事や痒みがその特徴です。発病の原因は複雑で、一般的は遺伝因子による過敏体質が関係しているとされています。この類の患者は湿疹があること以外に、喘息や過敏性鼻炎或いは蕁麻疹などの疾病に罹り易く、一部の患者たちは精神緊張・過度な疲労によって湿疹が発生したり、湿疹を増悪させたりします。とりわけ慢性湿疹の患者ではそうで、往々にして精神損傷或いは自律神経が錯乱した時に皮疹が激烈な痒みを引き起こします。消化機能失調は胃腸吸収機能の錯乱を起こしよく湿疹を引き起こします。それ以外にも病巣の感染、内分泌失調、血液循環障害は皆湿疹の発病原因になります。

中国医学ではこの病は湿疹・浸淫瘡と呼ばれます。また発病部位が違うものに四弯風・旋耳瘡・苔病瘡などと呼ばれるものがあります。本病の発生は風・湿・熱もしくは風・湿が主要とされています。また、内風・内湿と外風と外湿に分かれます。外因方面では季候の変化によって風邪が外襲し、そうり不固になったり、或いは湿地に居た事で、雨露を感受することで起こります。内因では脾虚不運によって湿が内生します。心は火を主り、或いは精神緊張によって、情緒が安定せずに血熱に至り、湿熱と合わさって時間をかけて発病、或いは辛辣の物を過食し傷陰耗血し、血虚生風し、風が盛んになれば燥となり、燥は風を生み、風邪による皮疹の痒みは際限無く繰り返されます。鍼灸治療を本病に用いることで健脾利湿、養血潤燥、去風止痒をすることが出来ます。

ページの先頭へ

治療方針

健脾利湿、養血去風、安神止痒。
(脾を健やかにし湿を処理する、血を養って風を止める、神を安らかにして痒みを止める)

湿疹は臨床で常見される皮膚病の一つです。多種の損傷性皮膚病を含むもので、臨床の急性期では紅斑・丘疹・水疱・びらんなどの炎症反応が出現します。慢性或いは静止期では患側の皮膚は乾燥・鱗屑・粗そう・苔癬の変化が見られます。本病は対称性・再発性・慢性病程及び痒みが特徴です。

発病原因は非常に複雑で、現代医学では遺伝素因・過敏性体質が関係し、精神の緊張・過度の疲労も関係していると認識しています。

中医学では本病の発生の主要は風・湿・熱などに責められるものであると認識しています。外因では外風内襲(風邪が体内に襲いかかる)からそうり不固(皮膚面の防御力が低下する)になります。内因では傷陰耗血(体液や血液が消耗)から血虚生風(血が少なくなると風が起こる)し、風盛則燥(風が盛んになると乾燥する)となり、復感風邪(風邪にまた感染する)することで皮疹の痒みには際限がありません。本病の治療は健脾利湿、養血潤燥、去風止痒です。針灸を用いて諸穴配合使用することで、去風(風を取り除く)・安神(精神を安定させる)・止痒(痒みをとめる)の効を協奏することが出来ます。

ページの先頭へ

よくある質問

鍼灸治療を受けたい

治療院は東京都豊島区池袋にあります。詳細は治療院ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら

治療院を紹介してほしい

お住まいの近くに知っている鍼灸師がいればご紹介いたします。蓬松鍼灸治療院の問い合わせよりメールにてご相談ください。ただし、脳神経領域に詳しい鍼灸師は多くはありませんので、その点はご理解ください。

詳しくはこちら

病院への出張治療

入院中に治療をするには担当医師の了解が必ず必要になります。いろいろな事情により難しい場合もありますし、可能な場合もあります。

治療院の選び方が分からない

鍼灸院と接骨院には国家資格保有者(鍼灸師もしくは柔道整復師)が必ずいます。そして医療施設のため保健所などの指導を受けます。大雑把に言うと、接骨院は急性の整形外科疾患に、鍼灸は慢性疾患の場合に優先順にが高くなります。他の整体やリフレクソロジーは治療目的で通う施設ではありません。

詳しくはこちら

ページの先頭へ

リンク