運動ニューロン疾患--蓬松鍼灸情報館

神経・筋肉・循環器疾患


運動ニューロン疾患

運動ニューロン疾患の概要

運動ニューロン疾患は、一種の病因不明の選択性脊髄前角細胞損害・脳幹運動ニューロン(或いは)錐体路の慢性進行性疾病です。

主要な症状は、受傷部位の筋肉無力・萎縮と(或いは)錐体路損害症候です。感覚系統は一般的には損傷されません。臨床上では、進行性脊髄性筋萎縮・進行性延髄麻痺・原発性側索硬化と筋萎縮性側索硬化などの類型があります。

本病の発病原因は不明です。ある報告によると、ある種の植物毒素或いは重金属中毒・慢性ウイルス感染・遺伝・免疫機能異常などの素因が関係する可能性があるとされています。通常は40~50歳に発病し、30歳以前ではあまり見られず、男女比は約2:1です。一般的には発病時は、症状がはっきりせず、緩慢に進行しますが、稀に亜急性進行が見られます。

臨床症状表現の主なものは筋無力と筋萎縮であるため、中医では基本的には“痿証”の範疇に属します。但し、それと同時に上位運動ニューロン病変の症状、例えば下肢筋緊張増加・反射亢進などが見られた場合は、“痙証”の病機を兼ねているか考慮する必要があります。
 これをもう少し論じると、脊髄前角細胞が損傷した、症状が無力感と筋萎縮で錐体路症候が見られない進行性脊髄性筋萎縮と、上下運動ニューロン双方が損傷した、症状は筋無力・筋萎縮と錐体路症候が見られる筋萎縮側索硬化があります。延髄運動神経核の単独損傷では症状が咽喉筋と舌筋無力・萎縮の進行性延髄麻痺がありますが、ここでは述べません。

ページの先頭へ

中医鍼灸では、どのように考えるか

中医では、慢性病の多くは虚証であると認識しています。肝腎の陰血が慢性的に内耗し、肝は藏血の臓であることから筋を主り、腎は藏精の所であることから骨を主り、肝腎精血が虚損していることで、筋骨経脈が栄養を失い、故に肢体はうまく動かず使えなくなると考えます。

治療は滋補肝腎・疏通経脈を以って行い、背部の脊柱の際にあるツボを主要な穴位とし、局所穴位を配合し治療にあたります。脊柱の際にあるツボ達は、直接脊髄神経根を刺激する事ができ、神経根の代謝を改善し、神経機能の回復を加速させます。また、各種経穴を配合することで、気血を化生させ、虚証を補うことができます。また、筋肉萎縮が明確な者に対しては、筋肉・筋肉群に対して針刺を行うことで、局部の経気運行を改善させるので、筋肉栄養を増加させ、筋肉萎縮の回復を促進させる事が出来ます。長期治療を行なうことで、比較的満足な治療効果を得ることが出来ます。

ページの先頭へ

中医鍼灸では、どのように治療するのか

(1)治則:滋補肝腎、疏通経脈(肝腎を補い、経脈を通じさせる)。
(2)配方:省略。
(3)操作:省略。
(4)治療期間:毎日午前・午後共に針刺治療を一回行なう方法で、午前は肢体の穴位を主にし、午後は華佗夾脊刺を主にします。二ヶ月を一療程とします。

ページの先頭へ

 ここでは、一つの基準のようなものを記載しました。運動ニューロン疾患と言っても、症状は非常に多彩です。ここに含まれる疾患で有名なものに、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と言うものがありますが、この一つだけを取り出しても、発病した方に見られる症状やその進行は多彩です。
 現代医学的には、本病を似た症状が脳血管障害などの他の病気でも見られることがあるため、まず、その他の病気でないかを確認して(除外診断と言います)、結果的に運動ニューロン疾患の確定診断を受けることが多いはずです。
 中医学では、手足の力が入らなくなる、もしくは入りずらくなる病気を総称して「痿証(いしょう)」と言います。発病の原因やその過程によって治療に違いは出ますが、大きな治療方針としては、概ね同じと考えていいので、現代医学的に診断が出なくても、針灸では治療を開始することが出来ます。
 また、針灸では障害を起こしている筋肉や神経に直接刺激を加えることが出来るので、治療効果は即効性があり、直接的であると言えます。
 この疾患は進行性の疾患で、私が知る限り特効薬はありません。治療の方針は、病気を進行させないことが第一で、そのあとに病状の回復を目指します。本文中には一日二回治療すると記載しましたが、実際は週二・三回で治療を開始して様子を見ながらペースを考えるのが通常です。
 症状が多彩のため、はっきりしない部分が多いのですが、何か分からない事や聞きたいことがあれば、気軽にお問い合わせください(電話には出られない事が多いので、出来ればメールでお問い合わせ頂けると助かります)。

ページの先頭へ

よくある質問

鍼灸治療を受けたい

治療院は東京都豊島区池袋にあります。詳細は治療院ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら

治療院を紹介してほしい

お住まいの近くに知っている鍼灸師がいればご紹介いたします。蓬松鍼灸治療院の問い合わせよりメールにてご相談ください。ただし、脳神経領域に詳しい鍼灸師は多くはありませんので、その点はご理解ください。

詳しくはこちら

病院への出張治療

入院中に治療をするには担当医師の了解が必ず必要になります。いろいろな事情により難しい場合もありますし、可能な場合もあります。

治療院の選び方が分からない

鍼灸院と接骨院には国家資格保有者(鍼灸師もしくは柔道整復師)が必ずいます。そして医療施設のため保健所などの指導を受けます。大雑把に言うと、接骨院は急性の整形外科疾患に、鍼灸は慢性疾患の場合に優先順にが高くなります。他の整体やリフレクソロジーは治療目的で通う施設ではありません。

詳しくはこちら

ページの先頭へ

リンク